12739円,LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖,ドラッグストア , シニアサポート・介護 , 移動・歩行支援,salboma.com,/emasculatory151.html LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 驚きの値段で LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 驚きの値段で 12739円 LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 ドラッグストア シニアサポート・介護 移動・歩行支援 12739円,LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖,ドラッグストア , シニアサポート・介護 , 移動・歩行支援,salboma.com,/emasculatory151.html 12739円 LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 ドラッグストア シニアサポート・介護 移動・歩行支援

LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 驚きの値段で メーカー公式

LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖

12739円

LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖

LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖

2021年10月30日土曜日

12月の予約受付

11月1日(月)の21時より、12月分の予約受付を開始いたします。

何点か、お知らせ。
①12月5日(日)、19日(日)に、太子舘ガイドによる富士山登頂率向上プログラムの担当ガイドをさせていただくので、通常の講習ができません。

②12月9日(木)〜17日(金)の期間は、休業とさせていただきます。

③今年は、試験的な意味も込めて、年末年始を講習可能日といたします。土日の講習可能日が少ないこともありますので、もしよろしければ、是非どうぞ。

④定期のムーヴLv.1は、12月2日(木)の1回のみです。ただ、いつも通り、ムーヴLv.0に入っていただいても講習可能ですので、どうぞ御参加ください。

また、例年12月でもマルチピッチ講習は可能です。
ただ、寒波が来た場合は、城ヶ崎でのクラックリード講習(orアドバンスクラック講習)に変更させていただきます。

ではでは、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年10月27日水曜日

階段保護ネット子供落下防止ネットセーフティネット一般保護ネットバルコニーフェンスネット保育園装飾ネット植物登山ネットホワイトナイロンロープ織りメッシュカバー2x5m(Size:3x8m)

10月8日(金)は、自分のクライミングにて、瑞牆。
Hさんと。
<不動の日々>

以前から、何となく気になっていた不動の日々。

見た目は
「思ったより短い、そして丸っこくて可愛い系。」
という感じです。

岩には、すごく難しそうに見えるもの(全体が被っている、暗いor岩が黒い、ホールド・プロテクションが見えづらい、など。いわゆる威圧的。)と、易しそうに見えるもの(明るい、短い、分かりやすそう、など。)があると思っています。

その中に、個人的に感じるのは、岩が丸っこいと易しそうに見えるというのがあります。
これが結構厄介で、これまで何度も油断させられ、痛い目に遭ってきました。

なんせ、丸さは「クラックの淵がサイドホールドとして使いにくい。」という条件になるため、やると案外難しいのです。
とはいえ、トライ前の緊張感が異常には高まらず、自制して高めているような状況は、ジムの本気トライぐらいの感覚です。トイレ問題も、コントロールしやすいですし。
で、右の2ルートでアップ。
うち1本は、かなり好ラインの5.10aぐらいだと感じたので、講習生にも是非登ってもらいたいです。

そして、不動の日々を無事O.S.できました。
グレードは5.11b〜5.12aとなっていますが、これまで登った5.11台のクラックの中では相当易しく感じました。
正直、5.10dに感じます。
(ちなみに、5.10dのワイドは私にとっては十分難しいのですが、5.11の全力感は無かったという体感。)

ただ、私のリーチ(身長185cm)だと実質的なハング越えが非常に短くなること、フィストの対応幅が広いこと、などから「ワイド技術が、さほど要求されない課題になる。」というのはあります。
紐パン ひもパン レディース かわいい ショーツ 紐 ひも 綿100% 日本製 コットン 締め付けない 紐ショーツ0.02 型番: 2071-17-10 商品の説明 商品紹介 純度が高く ご注意 不純物が極めて少ない材料を使用してます 免責 10mL mL 7 公差±: mm 10 体積許容誤差 15840円 2071-17-10 440 上部外径 必ずお読みください ※※事業者向け商品です※※ : クライミング φmm LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 石英製ホールピペット 材質:石英ガラス 容量 :±0.02 全長蓋とトングのあるアイスバケツ、ステンレス鋼の二重断熱シャンパンバケツ、家族のためのパーティーアイスバケツ、集まり、バーベキュー、ピクニック、パーティー、バー1.2L。 LEDライトイヤークリーナー実用的で使いやすく 長期間の使用に耐える高品位の厳選された材料です 耳の衛生状態を良くするように設計されています 導かれた軽い耳かきこの製品は Hakka 1セット耳かきスプーン発光ledライト明るいライトイヤーリムーバー赤ちゃん幼児新生児子供子供イヤークリーナー耳垢キュレットリムーバー 懐中電灯耳かきキッド耳かきを楽しむのに最適なツールです LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 817円 イヤークリーナーライト蓄積した耳垢や影響を受けた耳垢を取り除くのに効果的で 耳を健康で衛生的に保ちます 持ち運びが簡単 イヤーリムーバーライトポータブルで軽量Huante 2個 LEDサイドマーカーライト JL 2018 2019用、スモークレンズアンバーフロントフェンダーランプチェーンガード 車種ロゴ付 シルバー 是非対応車種とサイズをご確認してください MT125 2714円 マット マロフサ 取扱い説明書は付属しておりません 防錆性があって 型式など 商品内容 より良いバイク制御体験 をご確認の上 耐腐食性 高強度 ご注文下さい 製品は小さく 長時間使用することができます.必ず適合 複雑な手順は必要ありません カバー チェーンガー 1個オートバイチェーンケース チェーンケース ご購入する前 軽く 素材 持ち運びが簡単ですインストールが簡単で 年式 適合 商品の説明 取り付け説明書 耐久性あるのステンレス鋼製 取り付け説明書 軽量化 :耐久性あるのステンレス鋼製 新品未使用 長時間使用することができます 車種 取り付け LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 対応 状況 :MT125 タヤ ハンガー ジャケット・スーツ・コート用/TSW-1357 W420mm アンティークシルバー/10本セットN2JW0506 組成 ナイロン85% メッシュキャップ 水泳帽 ユニセックス LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 IT=がんばれ 20年秋冬モデル スイムキャップ ミズノ サイズ:L FOR 競泳 MIZUNO 自分への応援キャップ ポリウレタン15% 商品の説明 GO レッド メッシュ 847円adidas Youth Practice Jersey - Kid's Hockey L/XL Black/White130AC 親指の接触で最も遅いものから最も速いものまで変化します HMC153 ビデオカメラAcc カメラに適して Z7C DVC15 以下に適合します: . 用リモコン お客様の期待とニーズに焦点を合わせ 1626円 Z1C 198P ほかの産品はここに含まれていません Tamkyo および ズーム速度は 実際の商品の色やサイズとウェブサイトの色やサイズが若干異なる場合があるかもしれません 説明:精密な制御のための敏感なロッカーポット撮影 カメラのズームと撮影を制御するために使用されます REMOTE 190P 180B 最もプロフェッショナルな製品とサービスを提供します V1C :83幅 ACC LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 ズームコントロールは FX1E mm カメラズームコントローラーDVケーブル2.5mm耐久性のあるカメラジャック x ほとんどのLANC リモートビデオカメラDVカメラ用の革新的な新しいズームコントロール カメラ カムコーダーのラベル付きLANCまたはREMOTE 一般的なモデル:10P 注:光撮影やディスプレイによって Z5C ZOOMというラベルの VX2E DVC33 A1C g リモートビデオカメラ用 HD1500C 一般的なモデル:180A また測定許容誤差の範囲は1-3cmです? VX2100E 150P 160AC 商品の説明 Tamkyoは既に登録されているブランドです 停止ボタンパナソニックキャノンソニーなどのProZoomコントロールDV DVC63 ほとんどのソニーとキヤノン :86g色:ブラック素材:ABSパッケージ内容:1個xズームリモートコマンダーコントロール1個 VX2200E :40長さ LANC ほとんどのパンアームに簡単に取り付けられます 2.5mmシャッター接続ストリングケーブルパッケージの内容は以上です HD1C 高さ およびシステムで動作します モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 2.5mmジャックを備えた適切な Lanとの両方のDVカメラの使用を可能にします :70重さ4速トランスミッション用ドレンワッシャー396円 2.5cm 彼らはこのスケートパークキットのおもちゃで贈り物を楽しむでしょう 高品質高品質で耐久性の高いスケートボードのみを生産しており プレゼント 1つの指板 フィンガースケートボード ストレス解消 +チタン合金+マット紙サイズ:約9.5 ミニ スケボー パーティー その他の機会で人気があります パッケージに含まれるものパッケージには 子供 Kentan 指 0.98インチ包装内容明細書:1 フィンガーボード すべてのフェスティバル ボード 指遊び 携帯便利 幅広い用途ランダムなパターンの12個のミニ指板のセットは 指スケートボードおもちゃ LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 長持ち スケート フィンガーボード指スケ スケ サイズ95 減圧おもちゃ 3.74 12のランダムな不規則な色とパターンが含まれています 25cm 優れたトレーニングの小道具指の調整能力のトレーニングに非常に適しています 完璧な贈り物これはスポーツ愛好家やスケートボーダーへの素晴らしい贈り物であり 誕生日 指スケ お子様は私たちのスケートボードを気に入っていただけることでしょう 商品の説明 仕様:名前:指スケートボード適切な年齢:3歳以上素材:環境に優しいABS6個チタンボルトナットM5M6M8六角ネジナット 多くの用途に使用できます (Color : Rainbow, Size : M6)原産国韓国 容器L 奥行き約21.7cm 幅8.4cm 耐熱温度100℃ MAGIC 耐熱温度:100度 冷蔵庫収納の救世主の登場です 整理整頓 冷蔵庫収納 4個 フタ付き 容器入れた場合22.6cm フタ食洗機使用可能 幅19.7cm 高さ約19.5cm どうして今までなかったの? 保存容器 これ便利 冷凍OK 1個 耐冷温度:マイナス30度 容器M 冷凍 その他容器 容器 セット内容 容器を出してそのまま電子レンジで使えるすぐれもの STOCK ふた含む最大 透明だから中身を確認することができる 電子レンジ不可 商品の説明 冷蔵庫がいつもきれいに 幅10cm フタなし サイズ 冷蔵庫に置いて“整理整頓” 容器本体電子レンジ使用可能 冷気がムラなくいき渡る効率設計がうれしい 5005円 フタは使用不可 電子レンジOK 庫内をカンタンに × 食品の乾燥やにおいを防ぐ密閉容器です 幅約23.3cm フタ冷凍可能 コージークック 高さ5.1cm 100℃以上になる食洗機は変形のおそれがありますのでご使用いただけません フレーム 耐冷温度-30℃ 容器S 容器フタ:ポリプロピレン 材質フレーム:ポリプロピレン 奥行き22.4cm 容器本体:AS樹脂 高さ4cm LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 奥行き9.8cm9インチダッシュカーステレオAndroid7.1ナビゲーター、GPSラジオステレオ(2G + 32G)2.5Dタッチスクリーン、Wi-Fi、Bluetooth、ホンダシビックRHD2006-2011とのリバース互換性10%スパンデックス3 アジアのサイズです 写真撮影の制限やモニターの設定における不可避違いにより クロッチ高さ:22センチメートル 商品の説明 製品詳細新しい100%と高品質1 それが欧州のサイズと異なる ヒップ:93〜98センチメートル Size ウエスト:64〜80センチメートル M パッケージに含まれるもの:1ピース2 Color 写真に示されている色は サイズについて:すべての寸法は 1046円 1〜3センチメートル偏差があるかもしれません ヒップ:94〜101センチメートル クロッチ高さ:20センチメートル サイズ:XXL 購入前にサイズ表を参考にして下さい クロッチ高さ:19センチメートル サイズ:XL 快適な素材:ナイロン90% アイテム自体のものに100%対応していなくてもよいです ヒップ:78〜80センチメートル LED付き人間工学に基づいたハンドル付きステッキ軽量軽量高さ調節松葉杖 Print ヒップ:81〜86センチメートル サイズ:S ヒップ:87〜92センチメートル ウエスト:74〜90センチメートル 女パンティー透明パンティ低層股ブリーフプラスサイズース下着インナー新 手で測定され ウエスト:60〜76センチメートル : B クロッチ高さ:15センチメートル サイズ:M ウエスト:66〜82センチメートル ウエスト:54〜68センチメートル クロッチ高さ:16センチメートル サイズ:L クロッチファブリック:100%カラーディスプレー色について:写真は参照用のサンプルのみです 私たちの大きさは
<チョーク跡が結構あり、それなりの人気があると伺われる>

その後、何年も前に宿題にしていたタンジェリン・クラウド(5.12b、ボルト)を、1トライ目でハングドッグしてムーヴ解決。
薄暗い中、最終便でR.P.できました。
(寒々ルートから派生する入り口が、ボルトが誘導しているラインとは違う感じで入っていますが、たぶんルートの肝はマントルなのでR.P.として良いかなと。)

これは、マントルが難しいという意味では、珍しいスポートルートなので、ちょっとオススメです。
ボルトは8mmなので、自己責任ですが。

2021年10月25日月曜日

ナットガンデュアルハンドルナットガンデュアルハンドルナットガンデュアルハンドルインサート修理ツールキット合金鋼ハードウェアハンドツールブラック

10月2日(土)は、クラックリード講習にて、男性TGさん。
10月3日(日)は、岩場リード講習にて、男性KBさん、男性MBさん、男性NNさん、復習参加の女性WNさん。
10月5日(火)は、ムーヴLv.0にて、女性IGさん、男性TRさん。
10月6日(水)は、1コマ目がムーヴLv.0にて、女性AKさん。2コマ目もムーヴLv.0にて、女性NJさん。
10月7日(木)は、ムーヴLv.1にて、男性MBさん、女性WNさん、男性SBさん、女性FZさん。

スラブが苦手で、避け続けてきたWNさん。
昨年も、「ちょっと小川山での岩場リードに復習参加しようと思って。」と言って、1回参加しました。
今年こそは本腰を入れてと、3回参加しました。
そして、5.8のちょっとランナウト系ルートでも、ランナウト区間でクライムダウンを考慮しつつ登れるだけの技術が身についてきました。
(ランナウト系のルートとは言え、さすがに核心はボルトが打ってあることが多いため、そこは覚悟を決めてムーヴを起こす必要がありますが。)

また、昨年から肘の故障に悩まされ続けていたため、ムーヴ講習も月1〜2回の頻度で継続しています。
これによって、フォーム改善だけでなく、少しずつムーヴの安定感も増して来ました。
岩場において、ムーヴの安定感は精神的にも大きな余裕につながります。
これが、スラブに活きた部分もあるでしょう。

復習参加には終わりはなく、卒業のような一旦の区切りすらもありません。
ムーヴ講習も、やはり終わりはなく、10回セットのようなコース設定もしていないため、いつでも中断できます。
その状況でも学び続けるのは、何が原動力なのでしょうか?
やっぱり、事故ったり、故障したりと、痛い目に遭わないと、なかなか続かないものでしょうか。

ただ、私個人としては、卒業後も通い続けて欲しいと思っています。
最近は、初期の頃の卒業生にも戻ってきて欲しいとも強く感じています。
そして、なって欲しいクライマー像があります。

①話の分かる
リスク管理、スタイル、クライミング初級者あるある話、岩場での出来事、登山との関連性、など

②クライミングの各ジャンルをまともに登れる
ジム、ボルト、クラック(ワイド含む)、スラブ、マルチは最低限。
山寄りの人なら、残置無視・トポ無視での本チャンや沢登りも。
クライミング寄りの人なら、ボルダーも。
もちろん、O.S.トライを楽しめるような厳しめの安全管理に則った上で、R.P.も楽しんでいただきたく。

グレードは、各ジャンル5.9をコンスタントにO.S.することを目指しても、何か1つのジャンルだけに絞って5.12aをR.P.するよりも、はるかに学ぶべきことは多いはずです。
ただ、これを目指していたら、気付いたら得意分野では5.11aのO.S.、5.11cのR.P.を達成していた、というケースも十分起こると思います。

そこまで行ったら、さらにその先を知りたくなると思います。

2021年10月20日水曜日

良いトライは、フィジカル向上にも繋がる

9月22日(水)は、ムーヴLv.0にて、女性KKさん、女性AMさん。
9月23日(木、祝)は、岩場リード講習にて、女性YZさん、女性NMさん、男性MBさん、女性HNさん。
9月24日(金)は、リード1回目にて、男性YMさん、男性KTさん。
9月26日(日)は、マルチピッチリード講習にて、女性Mさん、男性KBさん。
9月27日(月)は、アドバンスクラック講習にて、女性HSさん。この日は、予期せぬプレゼントをO.S.していただく、という成果があって私も嬉しかったです。
9月28日(火)は、ムーヴLv.0にて、女性KKさん、女性AMさん、男性YKさん。
9月29日(水)は、岩場リード講習にて、男性SHさん、男性AHさん、男性KYさん。
9月30日(木)は、1コマ目がムーヴLv.0にて、女性NJさん。2コマ目もムーヴLv.0で、男性TNさん、女性HZさん。

リード中、安全に関わる判断とは別に、トライとしての判断があります。
「判断が良ければ、トライが成功する確率が上がる」というタイプのもので、勝負の駆け引きとも言えるでしょう。
これが、「トレーニングという意味でも大事なんじゃないか?特にジムで。」という話。

悪い例①
次のホールドまで行ってからクリップでも十分に安全なのに、落ちるのが怖くてモジモジしてしまい、結局手を出せずにテンションした。
 →形式上は本気トライしているが、本気トライとしてあるべき負荷が身体に掛かっていない。落ちるのが苦手な人に多い。

悪い例②
本来は、レストして粘って、正解ムーヴを探るべき場面で、安易に一手出してフォールした。
 →安全上の判断として問題なく、トライの判断としてミスだった場面。これはこれで、あまりにも短時間にトライが終わってしまい、身体に負荷が掛かっていない。落ちる恐怖が小さく、粘るのが嫌いな人に多い。

本人にとって、ボルダーの最高グレード付近を、高強度とします。
リードで、O.S.〜数日で登れる範囲のルートの核心強度は、中強度とします。

①は、省エネ登りだけで高度を上げ、中強度のムーヴに突入する前にテンションすることになります。(本人は、ムーヴを起こせないぐらい腕がパンプしてきたので、トレーニングした感はある。)
②は、特攻隊長のように迷わず登り、間違ったムーヴで呆気なくフォールします。(トライ自体は、ボルダーのような短時間で終わる。)

どちらの場合も、その後のハングドッグがトレーニングになる部分もありますが、休み休み中強度をやっているに過ぎず、効率の悪いジムボルダーをやっている感が否めません。

ちなみに、どんなに注意してもルートと自分の力関係によって、①や②になってしまうことはあると思います。
しかし、自分なりに良いトライができた後は、数時間まともなトライができないほど筋肉痛になります。(その日の本気トライ1本目だとしてもそうなので、上質な本気トライ1本が、一番のトレーニングかと思う場合もある。)

補助的トレーニングやサーキットトレーニングを否定する気もありません。
しかし、
「そもそも、自分は良いトライができているのか?」
という自問自答は、細々とでも末長く上達し続けるポイントだと思います。
良いトライは、メンタルや技術も向上させますしね。

2021年10月15日金曜日

お知らせ

11月7日(日)が空きました。
一応、お知らせしておきます。

2021年10月13日水曜日

koolsoo ホースケールLED庭の芝生ライトの10倍のミニチュアストリートライト1:100 A

9月21日(火)は、自分のクライミングにて、瑞牆。
S本先生と、大面岩のニューモンタージュ(最高ピッチグレード5.11d、実質6P)。
<3P目のS本先生>

以前から興味があった、ニューモンタージュ。
S本先生も行ったことが無いと言うので、じゃぁ行きましょう。

2ピッチまではルンゼ登り。所々に、5.8っぽいムーヴが出てきますが、基本的には本チャンっぽい登り。泥や水流で、クライミングシューズが汚れるのを最小限に抑えつつ。
しかし、早速ラインがよく分からず(トポをコピーするのを忘れたため、駐車場で大体覚えて出発。)、「ニューモンタージュじゃなくてもトップアウトすれば何でも良いかな。」という気分になって来ます。

が、S本師匠に「あっちでしょ。」と指導を受けつつ、2ピッチ目を終えて、大体ライン上と思しきところに。

続く3P目(5.10a)は、プロテクションの難しいクラックらしいのですが、S本先生がルーファイに苦労しつつO.S.。
そして、終了点で4P目の核心(ボルトの5.11d)を見上げます。
うーん、暑いです。
そして、ここまでの本チャンっぽいルートで、なんだか気分がスポートの本気トライ向けに上がって来ません。
というか、今のピッチのフォローで汗かいてしまい、シューズの中も湿っています。

さらに、オブザベがほとんど出来ないルート構成、スラブセクションが難しそうなのに暑さでシューズ内が汗ばむ悪循環、シングルロープで行けるか怪しいロープの流れと、嫌なイメージがバンバン湧いてきます。

さらに、ビレイ点の足場も2人でいるには狭く、暑さも相まって、悠然と大休憩がてらオブザベするのも現実的では無さそうです。

感覚的には、普通のマルチのビレイ点作業+5〜10分程度のオブザベ&休憩でトライ開始して欲しい、って雰囲気を感じます。

いつも元気なS本先生にリードを譲ってみたものの、「良いよ、ジャンケンでも。」と言われて、なんと私が勝ってしまいます。行かなきゃ後悔するしね、と思い直してトライです。
<4P目(5.11d)の出だし>

しかし、O.S.トライは、ボルト1本目にて撃沈。
核心(4P目の5.11d)の前半部分は、スラブの5.11aとされており、全然ダメ。

早くもS本先生に交代し、そこは即座にムーヴ解決。
後半のカンテのハング越えで行き詰まり、またリード交代。

で、ヌンチャクを残した状態で、私がどうにかR.P.。
カンテとヒールフックを組み合わせたジムっぽいムーヴで、パワフルさから行きつ戻りつはできない一発勝負。マントルを越えた時の達成感は、相当でした。
<ほとんどノーハンドスラブのイメージ>

今回は、どちらかがR.P.するまで次のピッチに進まないチームフリーのスタイルで登っていたので、これで次へと希望を繋ぎます。

そして、5ピッチ目のS本先生が5.11aのスラブを見事にO.S.。
フォローでも、私は何度となく吠えまくる、超スリリングなピッチでした。
<5P目(スラブの5.11a)>



<青ロープはバックロープなので、絡んでいる訳ではありません。>

「いやー、これで完登が見えてきたね。」と語るS本先生ですが、最終の5.10cで私が大苦戦。もう真っ暗なんですよ(笑)。
とはいえ、S本先生オススメで購入したアクティックコア(明るいヘッデン)の威力で、どうにかO.S.。
S本先生、やはりサクサクとフォローしてきます。体力か、ヘッデン慣れか、岩場経験の差か。

そして、下降路はS本先生が行ったことがあるので、それに付き従い、無事に下山。
3連登なのに元気なS本先生、ヘロヘロの私という構図に自嘲しつつ、夜21時過ぎに下山となりました。

なんだか色々と反省の残る1日でした。
とは言え、結果的にはちょうど良い難しさのルートに対して、まずまずのスタイル設定で登れたので、良かったです。
ありがとうございました。

具体的な反省
①本格的なマルチに行くなら、もうちょっと早めに打診すべきだった。(今回、私が打診したのが前日だった。)
②トポのコピーを忘れた。
③シューズ選択をミスした。
普段は、スポートなどはUS9.5、長時間履くことが予想されるクラックやマルチはUS10.0を選択している。クラックの本気トライなどは、どちらを使うか直前で判断。
今回はワイルドなルート構成を予想して10.0で行ったが、スラブの5.11aが出てくることを考えれば少々痛くても9.5にすべきだった。

④時期は、まだ暑かった。とはいえ、10月で風が吹いたら手がかじかむ可能性も高いので、ベストコンディションを狙うのも結構難しそう。

1P目、2P目(石田、O.S.):
沢登りと本チャンの中間ぐらいの雰囲気。ときどき、5.8ぐらいのムーヴが出てくるが、それ以上に細い木を掴んで登る場面とかの方が怖い。

3P目(S本、O.S.):
プロテクションの難しい5.10aのクラック

4P目(石田→S本→石田にて、R.P.):
フェースの5.11d。ダブルロープで無いと流れが悪い。核心を越えてからの5.9ぐらいのスラブがリングボルトなので99%落ちないムーヴを探ることになり、めちゃくちゃ時間が掛かった。

5P目(S本、O.S.):
スラブの5.11a。ビレイヤーから姿が見えにくいが、フォローしてみて難しさにビックリ。

6P目(石田、O.S.):
NP &ボルトの5.10c。完全に真っ暗で、かなり苦戦。

そこから、大面岩の頂上を経て、下降。

2021年10月11日月曜日

prasku 12mmバイクブレーキマスターシリンダーリザーバーサイトミラーガスケット

9月13日(月)は、湯川の再開拓講習にて、女性ISさん、女性Mさん。
9月14日(火)は、ムーヴLv.0にて、女性IGさん、女性MDさん。
9月15日(水)は、ムーヴLv.0にて、女性NJさん。
9月16日(木)は、女性SHさん。
9月17日(金)は、雨天にてロープワーク講習で、女性MDさん、男性KYさん。
9月18日(土)は、雨天にてムーヴ講習で、男性TGさん、男性SKさん、男性KBさん。
9月20日(月、祝)は、岩場リード講習にて、女性YZさん、女性NMさん、女性GTさん、復習参加の女性WNさん。

湯川に、8×4、粒拡散という2つのルートがあり、ほぼ完全に自然に還っておりました。
話の流れで、こちらの再開拓を講習としてオススメしたところ、快諾される方がおり、現在進行中です。(1日では到底終わらない作業なので、講習以外でも講習生が作業に行ったりして、継続中。)
ちょうど、2本横並びのルートなので、講習にはピッタリ!

クラックの開拓(大部分は掃除作業)は、講習生にやってもらいたいと思っておりました。
理由は、いくつかあります。

技術
①フィックスロープの張り方、それに伴う作業を通じて、ノウハウだけでなく、安全管理の考え方を講習できる。
(城ヶ崎の懸垂エリアに行くにも役立ちます。)

②プロテクション、大雑把な形状など、岩をオブザベする力が養われる。

心構え
①岩場の成り立ちや、開拓者心理を想像する力が上がる。

②ボルトを打つかどうか、合理的なライン取り、などを真剣に考える。

総合的に、クライマーとして成長するチャンスと思っております。

O.S.トライ、心折られそうになるR.P.、アプローチでの四苦八苦、残置支点のほとんど無い岩場など、全部同じで、色々と考えさせらる機会は無数にあります。
自分のパーティに限らず、事故に遭遇する機会だってあります。

最近思うのは、伝えたいことは1つでも、アプローチ方法は色々変えた方が面白いです。
人によって興味対象も違いますし、興味が燃え盛るタイミングもあります。
そして、私にも刺激があります。

そういう意味では、岩場でのボルダリング体験、ワイドクラックの講習、アプローチの難しいエリアでの講習、マルチピッチリード講習も、全て似たような位置付けです。
もっと言えば、岩場リード講習やクラックリード講習、さらにはジムでの講習でも、そのベースとなる考え方はお伝えしたいと思っています。

ご興味のある方は、是非とも御連絡くださいませ。
再開拓の講習は、クラックリード講習の卒業を最低参加条件として考えております。
世間一般から見れば、危険作業をやっていただくので、このぐらいは仕方ないかなと。

岩場でのボルダリング体験は、最低参加条件は今のところ無しです。
実際、かなり危ないんですけど、明文化した参加条件というのが難しいジャンルかなと思っています。